Author

  • 名前:ゆきは
  • 性別:女
  • 年齢:34歳

一人娘を育てるシングルマザーです。 看護助手として病院で働いていますが、何か資格を…と思い、簿記の勉強をしています。 完全独学ですが、2級目指して頑張るぞ! スキルアップしたい社会人の方と仲良くなりたいです。
私は洗顔は石鹸派です。昨今は、洗顔料はクリームやフォームなどが主流と思いますが、無添加や天然素材の石鹸で洗顔した時のさっぱりした気持ちの良さは、捨てがたいものがあります。

Categories

石鹸による発がん性

5k2igbnz636np9v現代の洗顔石鹸って、使用されている成分を大事にしながら製造されており、釜炊き製法とかコールドプロセスという方法で、作られている事が多くなっています。
美意識の高い現代の女性は、こういう製造過程なども気になっているのではないかと思うのですが、直接肌に触れるものは安全性が求められますし、成分の濃度なども気になりますから、成分の魅力を発揮できる「洗顔石鹸」がオススメですよね。
きれいな見た目の石鹸などもありますが、色とりどりだと着色料が使われているかもしれないと疑ったりする方も増えています。

癒し効果

5mn2u67tpew5s7rいい香りがする石鹸なども、癒し効果があるので女性に喜ばれたりするのですが、着色料や香料は、人体に有害ですから、色も香りも天然成分由来でないといけないと思うのです。
最近は健康志向の方が多くなり、添加物や防腐剤・着色料なども気にする方が増えていますが、何も知らずに使っている石鹸が、発ガン性があると知れば恐ろしくなりますよね?
石鹸は食べる物ではないのであまり気にしていないという方もいらっしゃるかもしれませんが、年齢と共にその有害物質の影響が現れてきたりしますので、なるべく無添加で天然成分を使用している石鹸を選ぶようにした方がいいと思います。

肌に優しい天然成分の魅力

最近は口コミなどを調べて洗顔石鹸を購入する方も増えていますが、同じ肌質の方が『イイ!』と絶賛しているものなら、使ってみたいと思いますよね?
口コミはすごく役に立つので、参考にしながら選んでいただきたいのですが、自分の肌に合うものというのを前提に、自分が必要とするケアができるかどうかということにも着目してみて下さい。
くすみが気になっている方は、古い角質がターンオーバーの邪魔をしてしまっている事が考えられますので、きちんと洗顔で取り去る必要があります。

ピーリング

ピーリングをすればすぐに肌はキレイになると考えている方もいらっしゃるようですが、使い過ぎると肌のバリア機能までも剥がしてしまうことになりますから、ピーリング機能のある洗顔石鹸は使う頻度にも注意しなければなりません。
毎日使っても大丈夫というものもありますが、古い角質を優しく取り除いてくれる洗顔石鹸もありますので、肌にダメージを与えないようにすることも大切ですね。
肌を傷つけずに洗顔しようと思うのであれば、やはり天然成分だけで作られている洗顔石鹸がいいと思います。
天然成分でもアレルギー反応が出てしまう方もいらっしゃいますので、ご自身のアレルギーもしっかり理解した上で使用するようにしましょう。

肌荒れの原因はいっぱいある!?

ひとくちに肌荒れと言っても、その原因は様々です。複数の原因が絡み合って肌荒れを引き起こしている場合もありますし、若いころから積み重ねてきたツケが歳をとってから肌に出てきた!ということもあります。肌を良い状態で保つためには、そういった数々の原因を認識して気を付けておく必要があります。
○外的要因:紫外線など…日焼けももちろんですが、加齢後のシミ、そばかすの原因となります。日焼け止めは必須アイテム!
○乾燥:顔をゴシゴシ洗ったり、刺激の強い洗顔石鹸で洗ったり…毛穴パックの使用もやりすぎると乾燥の原因になります。必要な皮脂までも落としてしまい、肌の状態は悪化します。
○残留汚れ:毛穴の奥までしっかりと洗えていますか?コツはしっかり弾力のある泡で包み込むように洗うことです。毛穴を隠そうとファンデーションを毎日塗りこんでいるような方は要注意です!
ホルモンバランス:生理前はどうしても肌が荒れがち…女性にはよくあることですよね。ホルモンのことだからどうしようもない、と諦めるのはちょっと待ってください!ホルモンバランスの変化で影響が出ているのは肌そのものもそうですが、皮脂の出方も関係あるんです。顔のテカりや油分に気付いたら、いつもよりちょっと念入りに洗顔してみてください。
いかがでしょうか?心当たりのある原因があったら、さっそく今日から気を付けてみて下さい!洗顔石鹸を自分の肌に合わせて選ぶのも大切なポイントですよ。特に敏感肌の方は気を付けて、肌のトラブルを回避できるように頑張ってくださいね。

更新情報

ページ上に戻る