Author

  • 名前:ゆきは
  • 性別:女
  • 年齢:34歳

一人娘を育てるシングルマザーです。 看護助手として病院で働いていますが、何か資格を…と思い、簿記の勉強をしています。 完全独学ですが、2級目指して頑張るぞ! スキルアップしたい社会人の方と仲良くなりたいです。
私は洗顔は石鹸派です。昨今は、洗顔料はクリームやフォームなどが主流と思いますが、無添加や天然素材の石鹸で洗顔した時のさっぱりした気持ちの良さは、捨てがたいものがあります。

Categories

肌荒れに強い刺激はNG

6bm3xfa39jqas3t肌荒れしているときは、合成化合物が含まれていない洗顔石鹸を使っていただく事が大切です。
洗浄力が強いものなどは、肌を傷つけてしまいますので、肌荒れしているときは普段使っている洗顔石鹸よりも刺激の弱いものを使ってみましょう。
肌荒れがなかなか治らなくて、外に出るのも億劫になる・・
そういう方もいらっしゃるんじゃないかと思うのですが、肌が弱っている時は刺激を与えてしまうと治りが遅くなってしまいますし、肌への負担が大きいと、どんどん悪化させてしまうことにもなりますから、敏感肌用の洗顔石鹸を使っていただくのもいいんじゃないかと思います。

敏感肌

洗顔石鹸はいろんな種類があるのですが、合成界面活性剤は敏感肌には強すぎますので、避けるようにするといいでしょう。
合成界面活性剤が使用されていないものを・・と考えるのであれば、洗顔石鹸は固形タイプがオススメです。
固形タイプの洗顔石鹸は、余分な化合物が含まれていないものが多く、〝無添加〟で肌に優しいという事もありますので、天然の保湿成分などが含まれているものから使ってみるといいと思います。
肌の状態に合わせて使うことも大切ですが、洗顔石鹸は保存方法も大切で、菌が繁殖しないように風通しのいい場所に保管しましょう。

ページ上に戻る